※営業時間が変更になりました 営業時間 10:00~19:00
Keep Green Project ~ 長崎県森林保全PN(パートナー)活動
Welcab

車検を受ける際に
必要となる書類

車を所有されている方は車検を受ける義務があり、車検を受けずに公道を走行してしまうと法律違反となってしまいます。車検は新車であれば初回は3年に1回、その後は2年に1回受けますが、車検を受ける時には必要書類を準備する必要があります。

自動車検査証について

車のサイズや排気量、所有者の情報が記載されている書類であり、一般的に車検証と呼ばれている書類です。自動車検査証は車検の際に重要となる書類であり、この書類がないと車検を受けることができなくなります。紛失などの理由で手元に自動車検査証がない場合は再発行が必要となり、ナンバーを管轄している運輸支局で再発行の手続きが行えます。

自賠責保険証について

自賠責保険とは強制保険のことであり、任意保険と違って必ず加入しなければならない保険です。自賠責保険証は保険に加入していることを証明するために必要な書類であり、車を購入された際に自動車検査証と一緒に受け取っている場合がほとんどです。自賠責保険証を紛失してしまった場合は、加入している保険会社か代理店で再発行の手続きが行えます。

納税証明書について

車を所有されている方は自動車税を支払う必要があり、納税証明書は自動車税が納税されているかを証明するための書類です。基本的に納税証明書は毎年4月から5月頃に送られ、納税した際に渡される「自動車税納税証明(継続検査用)」が車検の際に必要となります。

法定費用について

法定費用とは印紙税・自賠責保険料・自動車重量税の3つのことであり、車検を受ける際は点検・整備費用とは別に、法定費用が必要になります。法定費用は法律によって車両重量や排気量ごとに金額が決められています。

ネッツトヨタ長崎では車検や点検を行なっており、高度な技術と最新の設備で愛車の状態を細かくチェックして、ベストコンディションが保てるようにメンテナンスいたします。長崎市をはじめ、佐世保市や諫早市、大村市や時津町など、長崎県内に新車・中古車あわせて13店舗(うちサービス工場併設店舗11店)ございますので、車検や点検が必要な際はお気軽にご利用ください。